プロパンガスの請求をみて絶句。引っ越すなら都市ガス対応を選ぼう

こんにちは。たなゆー(@tanaka19835)です。

最近だんだんと冷え込んできました。そして、冬の時期になると光熱費を気にしてしまいますよね。

2ヶ月程前に引っ越しをして、以前は都市ガスだったんですが、今回プロパンガス対応の家に引っ越してしまいました。

引っ越し当時、当然プロパンガス対応の家はできるだけ優先順位を下げたつもりなんですが、色んな条件を並べて判断していくうちに、プロパンガスだった事がすっぽり抜けてたんですね。

手続きをする最終段階で「あっプロパンガスだった・・・」気がついたんです。しかし、ハンコを押したら契約終了の所まできていましたし、引っ越しする期限に限りがありまりたので後戻りできませんでした。

過去、プロパンガス対応の賃貸物件に住んだ事もあり、都市ガスに比べかなりお値段高めだった為、今回も請求がくるまでヒヤヒヤでした。

そして、やっと請求がきました。

 

10月使用分の金額が届いたよ

そして11月。

ポストの中を見てみると、ガス料金のお知らせが届いているではないでか。

恐る恐る、中の金額を見てみると・・・

なんと、ガス代金 9,300円

え・・・高すぎじゃない?? と思いながら、もう一度届いた請求書を見ても・・間違いない。

このブログをご覧いただいている方は、当然私のライフスタイルは分かりませんのでガスの使い方によっては高くなるし、ガス多く使いすぎたからそんなもんじゃない? お思いかもしれません。

では、私の過去のライフスタイルと比較する為、昨年同月の都市ガス代金をご紹介しましょう。家族構成は全く変わらず使用頻度も程んど変わりません。

カード引き落としなのでカード情報はこちら

 

なんと、3,188円(2016年10月使用)。

なんと、プロパンガスは都市ガスに比べ2.9倍のお値段と恐ろしい結果となりました。

ちなみに、2016年11月使用分も、4,605円と5千円にも満たない金額です。
プロパンガスは高い、高いと言われていましたがやっぱり高いですね。年間でも大きな金額が違ってきますので、多少家賃が高くても都市ガスを選んだ方が総合的にお得だったりします。

 

まとめ

引っ越しを検討している方は、ガスも注意して見ておく事で支出をおさえる事ができるかもしれません。光熱費は毎月ばかになりませんし、特に冬場や寒い地域にお住いの方は特に注意してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です