浪費家タイプの人でついつい支出が増えてしまう方は必見。貯蓄体質になる3つのポイントを紹介します。

こんばんは。たなゆーです。

皆さん、貯金できてますか〜?

貯蓄する目的も色々あると思いますし、そもそも、貯蓄なんてしなくてもいいや〜と、思っている方も居るとは思いますが、ある程度生きていく上では蓄え、必要ですよね。

例えば、老後の為や新しい家に引っ越したい、欲しいものがある! などなど

色んな目的で貯蓄している方が多いとは思いますが、

今回は、浪費癖のある方に浪費しない為のポイントを紹介したいと思います。

 

1 先取り貯金(基本)

収入ー貯金=生活費 で生活をする。

これは貯金をする上で基本的な事なんですが、でも難しいですよね。

その理由として、

  • 支出(生活費)が月によって変動するので、貯金できる金額の予測ができない
  • そもそも先取れるお金がない

など、色んな理由があると思います。

まず、生活費が毎月で変動するので先取貯金が難しいと思っている場合、「予備費」を上手く活用する事をオススメ。

予備費があると支出が想定外だったとしても、予備費でなんとななります。

よくある貯金できなかったケースでは、計画をギリギリに設定しすぎて、貯金を切り崩してしまうパターン。一度、切りくづしてしまうと、雪だるま式に支出が膨らんでしまいますので、予算はギリギリではく、ゆとりを持って設定する事をおすすめします。

次に、そもそも事前に先取れるお金がない場合は、固定費の見直しから初めてみましょう。

固定費の見直しを詳しく紹介している記事は過去に書いてきますので、ご覧ください

>>固定費を見直しコストダウン。好きな事にお金を投入しよう。




2 クレジットカードは固定費だけ

クレジットカード(魔法のカード!!OTL )は、上手く使えばポイントも貯まって便利でお得なんですが、使い方によっては、味方にもなったり、敵にもなっちゃいます。。

通常、固定費などの引き落としで使用する分には、ポイントも貯まるのでいいんですが、カードを持って一度ショッピングにでかけてしまうと、

ありますよね?

カードでとりあえず支払いしとこ〜 イェーイ♪

なんて、クレジットカードで支出を繰り返してしまうと、衝動買いの引き金になってしまいます。衝動買いが増えてしまうと、せっかく貯金を頑張ってもお金が貯まりにくく、挫折しちゃいます

クレジットカードは基本的に、公共料金や通信料金の支払いに使用するのみにして、

持ち歩かない事が貯蓄の第一歩ですよね。それでも、必要だから…とクレジットカードを持ち出して仕舞う場合は、中々貯蓄は難しいかも。

 

3お金が貯まってから(貯めてから)購入する意識がすごく大事

先に紹介した、内容とかぶってしまう部分ですが、特に大事なポイントです。

私も以前、衝動買いが多く、中々貯蓄ができなかった時に、ふと友人が、

「欲しかった家具をあと一万円貯めたら買える!」と聞いて改めて気づきました。

貯蓄と言っても、貯めたお金の使い方は色々ですよね。将来の為に必要であれば長期的な積み立てになりますし、何かを購入したい場合は短期的、中期的になります。

仮に、短期的に欲しいものがあったとしても、安易に貯蓄を取り崩したり、クレジットカード(ましてや借金・・・)までして購入するのではなく、

目的別の積み立て、例えば、欲しい服があるのであれば、毎月3千円貯金すると、冬になる10ヶ月後は3万円貯まっているみたいにすると、貯蓄体質への第一歩かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です