生活に役立つ情報、いろいろ

Tana Life

お金 節約

月5000円節約できる美味しいアイスコーヒーの作り方、簡単レシピ

更新日:

毎日、コーヒー習慣が欠かかせな方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

夏が近づくと暑くなってアイスコーヒーがより美味しい時期ですが、

アイスコーヒーを外で買うと、意外と出費がかさんでしまいますよね。

冬にホットコーヒーを飲む時は、カルディーで中挽きコーヒーの粉を買って自宅で作っていました。

しかし、アイスコーヒーを自宅で作る場合は、ホットコーヒーと比べて少しハードルが高くなってしまいます。

自宅でのアイスコーヒーの作り方が良くわからず、近所のコンビニで買ってましたが、

Rサイズ100円、Lサイズ180円するんですよね

スタバなどのコーヒーショップと比べると安いですが、

例えばコンビニでLサイズを毎日1回購入すると1ヶ月5、400円なので結構高いんです。

私の場合、日によっては2回アイスコーヒーを飲んでしまう事もありますので、さらに出費がかさんでしまいますし、カフェ代金も入れるとやばいです。

コーヒーは好きだけど、節約もしたいと思った時に自宅でコーヒーを作ってみた所、意外と上手くコストをおさえて作る事ができました。

実際に私がやっているアイスコーヒーで節約する方法については紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アイスコーヒーで節約(カルディー)

「カルディ」でアイスブレンド 200gを購入価格:567円

1回に約10gのコーヒー粉を使いますので、1杯あたり約28円で飲む事ができます。

1ヶ月あたりにすると約850円のコストなので、

コンビニ珈琲よりも4、550円安く飲めます!84%OFFです!

そして、手作りのコーヒーも独特の苦味があり抜群に美味しいです。

私は、カルディのアイスブレンドを選びましたが、ネット通販等でもアイスコーヒーに適したコーヒーの粉は売っていますので探してみて下さい。

f:id:lushlife1983:20170508191013j:plain

コーヒーの作り方を紹介

まず用意する物ですが、

  • 中挽きコーヒー粉(アイスコーヒーに適している深煎りがおすすめ)
  • お湯を沸かす物(ケトル等、なんでもいいです)
  • 計り若しくはカップ(10gが分かればなんでもいいです)
  • ドリッパー
  • フィルター
  • サーバー
  • コップ

①まずお湯を沸かすて、お湯が沸いたら1〜2分程置きましょう。

90度前後がベストの温度です。

T-falのケトルがあると、2分程度でお湯を沸かす事ができます。

f:id:lushlife1983:20170509144314j:plain

②お湯を沸かしている間にドリッパーにフィルターを設置しコーヒーの粉を用意。

1杯あたり10gで、今回は30g(3人分)作ってみました。

f:id:lushlife1983:20170509144505j:plain

※豆知識。

ちなみに、フィルターを設置する時には角を折るとお湯を入れた時にフィルターが折れにくくなりますよ。

f:id:lushlife1983:20170509144830j:plain

スポンサーリンク

③沸いたお湯をフィルター内のコーヒー粉に入れましょう。

お湯を入れる時のコツは、ゆっくり粉を蒸らすイメージで回りながら入れると美味しく仕上がります。

f:id:lushlife1983:20170509145236j:plain

 

f:id:lushlife1983:20170509145320j:plain

④お湯を入れ終わったら、氷を入れて急速に冷やします。

ポイントは、氷で急速に冷やす事で、香りと味をが逃げにくくします。

f:id:lushlife1983:20170509145342j:plain

⑤コップには、氷を入れておきます。コーヒーを注ぐと出来上がりです。

f:id:lushlife1983:20170509145356j:plain

 

サーモスのタンブラーが超おすすめ

スポンサーリンク

私がおすすめするサーモス製のステンレスタンブラーです。

一度タンブラーの中に氷を入れると、なかなか溶けないので長時間冷えた状態を保つ事ができます。

夜飲んでも、朝まで氷が残ってましたので、正直驚きました。

アイスコーヒーや、ビール等冷えた状態で飲みたい場合はかなりおすすめです。

f:id:lushlife1983:20170509145451j:plain

もし残ってしまった場合も、冷蔵庫に保管すれば翌日も飲めます。

f:id:lushlife1983:20170509145422j:plain

 

今回使用した節約コーヒー道具一覧

スポンサーリンク

今回紹介したアイスコーヒを作る為の道具を紹介します。

どれも、そんなにコストはかからないのでコンビニやカフェでコーヒーを買い続けるのであれば1〜2ヶ月でペイできちゃいますので、参考にして見て下さい。

まとめ

夏は冷たいアイスコーヒーが美味しい季節です。

毎回アイスコーヒーを購入してしまうと、コストも意外とかかってしまうので、自宅で冷たいコーヒーを作って飲んだり

外に持ち運びたい場合は、水筒などを使うと節約に繋がります。

今回の手順でアイスコーヒーを作れば、バッチリコーヒーで節約できますので、是非試してみて下さい。

スポンサーリンク

-お金, 節約

Copyright© Tana Life , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.