ニトリの敷きパットで夏を快適にしよう。コストダウンもできすよ。

こんにちは。たなゆーです。最近、だんだん暑くなって寝苦しい日もでできましたね。皆さん暑い日はどの様にお過ごしですか? 冷房や扇風機をガンガンつけて寝ている方もいると思いますが、 寝る時には敷きパットを使うと断然に体感温度が違って冷んやりと寝れるのでおすすめです。
先日、敷きパットを購入したので紹介したいと思います。

こちらを購入

私が今回購入した敷きパットは、シングルのニトリ Nクール。作りはリバーシブルで春から秋はパイル地を、夏は冷感生地を使用できます。

f:id:lushlife1983:20170513141100j:plain

 

ニトリのNクールとは? 

f:id:lushlife1983:20170513131648p:plain

出典:Nクール寝具 | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

 

Nクールシリーズは、全部で3種類。
下に行くにつれてより冷却感ある作りとなってまして、そのぶん値段も高くなって行きます。そして、敷きパットのカラー展開は全部で9種類です。私は、写真の青を購入しました。

  • Nクール(1287円〜)
  • Nクール スーパー(2676円〜)
  • Nクール ダブルスーパー(3695円〜)

 

敷きパットの効果は?

効果はこんな感じです。やっぱりNクールダブルスーパーの効果はすごいですね。寝具は1度温度が変わるだけで大分体感が違いますからね。

f:id:lushlife1983:20170513132434p:plain

エアコンをつけながら寝ると温度調整がなかなか難しく、寝初めはいいのですが、朝になると寒かったりしますよね。最悪、風邪を引いたりする事もあったり。
そして、エアコンと扇風機の電気代を比較すると、結構違いがあるんです。参考までに、1シーズン(50日)の電気代を比較。なんと、エアコンと扇風機の電気代の差額は4、833円エアコンが高いというよりかは、扇風機がめちゃ安いんですね。

扇風機の消費電力と電気代

10時間×22W×50日=11,000W
11,000W=11kwh
11kwh×27円=297円

 

エアコンの消費電力と電気代(消費電力は380Wh。設定温度27度の場合)

10時間×380W×50日=190,000W
190,000W=190kwh
190kwh×27円=5,130円

出典:http://www.danna-salary.com/setuyaku/denkidai/compare-fan-aircon/

睡眠の質をあげるコツとしては、敷きパットで冷却しつつ扇風機を活用すると快適に就寝できると思います。ただし、あまりに暑すぎる環境ですと、寝ている間に脱水症状(特に高齢者)になる可能性もあるみたいです。適宜エアコンも活用しつつ温度設定は高め、そして敷きパット活用すると快適に眠れると思いますよ。

 

 

まとめ。肝心の寝心地は。

Nクールの敷きパットがあるのと無いのでは、全然体感が違います。肌触りの感覚も良くできていますので、涼しく気持ちいいです。今回、Nクールを購入しましたが、ダブルスーパーはもっとすごいのか? と思うと試したくなりました。今年は、Nクールを使い倒して来年、検討したいと思います。