生活に役立つ情報、いろいろ

Tana Life

歯ブラシ 生活

フィリップスソニックケアVSブラウンオーラルB おすすめ電動歯ブラシはどっち?人気メーカーを両方使ってみたら以外な効果が

更新日:

スポンサーリンク

「忙しい朝の時間は、歯磨きになるべく時間をかけたくないな」

「手軽に歯の汚れを落としたな」

「歯は一生物だから、しっかりケアしたいな」

と思って一度は電動歯ブラシの購入を考えた事がある方も多いと思います。

でも、沢山ある電動歯ブラシの中から価格汚れを落とす性能等を比較して、

どの機種を選べばベストだらう!?と悩んでしまいますよね。

でも大丈夫!

3年前から電動歯ブラシを使っている私が、これまで使った人気機種ブラウンとフィリップスの機種についてレビューします。

使うまでは気づかなかったメリットも紹介しますので、電動歯ブラシを使った事ない方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

電動歯ブラシを使うメリットと時間の節約

「電動歯ブラシを使った場合と使わない場合は何が違うの?」

まず、電動歯ブラシを使った場合は、圧倒的に短時間で汚れが落ちます。

手動で歯を磨いた時は、落ちにくい汚れもあって10分〜15分かけて歯磨きしていましたが、電動歯ブラシでは2分で落としてくれます。

特に私の場合は、ある箇所の歯の汚れを落とすのに相当苦労してたんですが、電動歯ブラシを使い始めてからは簡単に落とす事ができています。

舌で歯を触った時にザラザラ感が残っていたのですが、電動歯ブラシを使ってからはツルツルなので快適です。

歯の裏とか、中々落ちない汚れってありませんか?

時間かけても落ちない歯の汚れを、電動歯ブラシでは短時間でしっかり落としてくれますので、これだけでも使うメリットは大きいです。

 

そして、もう一つ重要な事が「時間の節約」です。

みなさんどのくらい時間をかけて歯磨きしていますか?

私は、電動歯ブラシを使う前、最低でも10分はかかっていましたが電動歯ブラシを使ってからは2分で終わります。

その為、1回につき最低でも8分時間の節約ができている事になりますね。

朝と夜に歯磨きをしますので1日16分の節約です。

たった16分かもしれませんが1年でどのくらい時間の節約ができるのでしょうか。

16分×365日 =5840分

つまり年間約97時間、時間の節約できます。

97時間を無駄に使っていた事にもゾッとしますが、皆さんは97時間を何に使いますか?

スポンサーリンク

オーラルB VS  ソニックケア

実際に私が利用した大手電動場ブラシメーカーです。

ブラウンオーラルBと、フィリップスソニックケアについてメリットとデメリットを紹介します。

【ブラウン】オーラルB

まずは、ブラウンオーラルBから。

外見はブラックで高級感あるデザインとなっています。

 

セット内容

本体、マルチアクションブラシ(EB50)×1本、歯間ワイパー付きブラシ(EB25)×1本、着色汚れ除去ブラシ(EB18)×1本、歯磨きナビ(単4乾電池2本付属)、充電器、替ブラシ収納ホルダー付き充電器ホルダー、豪華トラベルケース、充電器用トラベルケース

使用時間:約10日間(1日2回、各2分使用)

オーラルBの特徴はこの回転するブラシです。

絶妙なサイズで大きすぎないブラシなので歯の奥まで届きますし、回転数が多いので歯を磨いている手応えがわかります。

高速回転で毎分8800回転と回転振動40000回と、到底手動の歯磨きでは敵わないスペクトなっていますので、歯ブラシが終わった後の爽快感がたまらないです。

そして、歯間除去ブラシと着色汚れブラシも初回購入時に1本同梱されていますので、ブラシを購入する前に事前に試す事ができるので、メリットですね。

また、歯磨きナビも使用でき30秒ごとにどの歯を磨く箇所をガイダンスしてくれるので、使用すると早い段階で電動歯ブラシの磨き方に慣れてくると思います。

デメリットとしては、回転力と勢いがあるので使用方法を少し間違えると歯茎を痛めてしまう可能性がある所ですね。

オーラルBはこんな方にオススメ

  • 口腔内が狭く小さめのブラシがいい
  • 歯並びが悪いので小さめのブラシで強めに磨きたい
  • パワルルなブラシの回転で「磨いた感」が欲しい

 

 

 

【フィリップス】ソニックケア

 

そして現在私が使っているのが、ソニックケアのダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディションでです。

手磨きの10倍の歯垢除去力があると言われています。

外観が高級感ありますし、色合いが女性が好みそうな展開も多いです。

セット内容

ダイヤモンドクリーンブラシヘッド コンパクトサイズ1本、アダプティブクリーンブラシヘッド レギュラーサイズ1本、舌磨きブラシヘッド1本、携帯用ブラシヘッドキャップ2個、充電器台、充電器用グラス、充電トラベルケース、USB充電アダプタ、USBケーブル、取扱説明書、替ブラシリーフレット

使用時間 :約3週間(1日2回、各2分使用)

 

最大の特徴は、ブラシの動きです。

一見、見た目ではオーラルBの回転するブラシの方が強力かな?と思ってしまいます。

初めは汚れ本当に落ちるの?

と半信半疑だったのですが、実際にソニックケアを使ってみると思ってた以上の強力なブラシの振動で汚れを落としてくれました。

31000回の音波振動で優しい動きながらも汚れはしっかり落ちます。

付属で舌磨きが付いていますが、これもオススメですしクセになりますよ。

デメリットとしては、オーラルBに比べ回転しないしっかり歯磨きした感が少ないかもしれませんが汚れは落ちています。

ソニックケアはこんな方にオススメ

  • 歯茎ケアを気にしている
  • 音波式で負担なくツルツル感を味わいたい
  • 音波で舌磨きもやってみたい

 

 

 

 

おすすめはフィリップスのソニックケア

甲乙つけがたい結果です。

好みにもよりますが、

私の場合はフィリップスのソニックケアに軍配です。

理由の一つは、音波振動による絶妙なブラシの動きです。

ブラシが歯の間をしっかり捉えて歯垢を落としてくれますし、磨いた後のツルツル感も凄い。

音波振動の凄さを実感しました。

また、電動歯ブラシの充電台ですが、フィリップスは硝子コップみたいな形状になっているので掃除が簡単ですが、ブラウンは少し作りが違います。

ブラウンの場合、電動歯ブラシと充電台のちょうど間に水垢が固まってしまい、コップみたいに洗えないので掃除が大変です。

参考までに充電台はこちら

フィリップス

ブラウン

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • 朝、忙しい時間帯に準備を時短したい
  • 短時間で、汚れを落としたい
  • 口腔ケアをもっとしっかりやりたい

スポンサーリンク

-歯ブラシ, 生活

Copyright© Tana Life , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.