生活に役立つ情報、いろいろ

Tana Life

カーシェアリング 生活 節約

レジャーで車を借りるのは、レンタカーとカーシェアどっちがおすすめ?料金を比較してみた

更新日:

家族とのレジャーや、友達との遠出、大きめの買い物をする時には車がないと不便ですよね。

私は、車を手放してからは必要な時にレンタカーを借りていましたが、最近ではカーシェアリングのエリアが拡大した事で、カレコカーシェアリングを利用する様になりました。

しかし、まだまだレンタカー認知度に比べるとカーシェアリングのサービスを詳しく知らない方も多く居ると思いますので、

実際にカーシェアリングとレンタカーはコスト面からどっちがお得なのかシェアしたいと思います。

カーシェアリングをまだ利用した事ない方は、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

カーシェアリングとレンタカーの違い

カーシェアをまだ利用した事が無い方も居ると思いますので、カーシェアとレンタカーの違いから紹介したいと思います。

レンタカーの場合

  1. ホームページや電話で車の予約
  2. 予約した店舗へ来店
  3. 店舗で手続き
  4. ガソリン満タン給油
  5. 店舗へ返却

レンタカーの場合、店舗へ来店し手続きを行う手間や、ガソリンを自己負担で給油しなければいけません。

 

カーシェアの場合

  1. (専用アプリやPCで)車を予約
  2. 所定のステーションで車を借りる
  3. 所定のステーションへ車を返却

カーシェアの場合、レンタカーと違って店舗へ来店し手続きを等を行う手間が発生しない為、手軽に車を借りる事が可能です。

以前レンタカーを利用していた時は、車の用意や他のお客さんの手続きに時間がかかり、店舗内で待たされる事も珍しくありませんでしたが、カーシェアは一切そういった事は無いです。

また、カーシェアの場合ガソリンの負担する必要がありませんので、お金の面やガソリンスタンドをわざわざ探して給油する手間から解放されます。

 

スポンサーリンク

カーシェアとレンタカーの料金比較

利用シーン別に料金を比較してみます、

カーシェアは、おすすめのカレコカーシェアリングです。

理由はこちらの記事をどうぞ。

レンタカーは大手2社の料金を比較してみたいと思います。

6時間利用 12時間利用 24時間利用
カレコ(通常プラン) 3800円 6300円 7800円
カレコ(平日プラン) 2800円 5000円 9300円
O社 7668円 8748円 9396円
N社 7020円 8100円 9720円

※ガソリン代は計算していません(カレコは発生しない)
※カレコ12時間以上の利用で距離用金(16円/1km)発生
※車種;カレコはスタンダードクラスの新型プリウス、スバルXV、マツダCX-5等、O社はカローラ、インプレッッサスポーツ等、N社カローラアクシオ等

カレコカーシェアリングは基本料金980円が毎月発生しますが、利用した料金で相殺できますので、980円以上利用すれば実質0円となります。

利用6時間は圧倒的にカーシェアリングがお得に利用する事ができます。倍近く料金に差がでますので、驚きです。

12時間以上についてもカレコが安く利用する事ができますのが、カレコカーシェアの場合6時間を越えると距離料金が発生します。

ただし、レンタカーの場合は、ガソリン代が発生してきますので距離料金とガソリン代を比較していきましょう。

仮に100Km走行した場合、

 

カレコカーシェアは距離料金

16円/1kmだと100km走行で1600円

 

レンタカーの場合は燃費にもよりますが、

仮に燃費15km/1ℓ、ガソリン代150円/1ℓ で100km走行すると約1000円

若干レンタカーの方が安くはなりますが、先ほどの時間ごとの料金を穴埋めするまでの差額ではありませんね。

 

また、カーシェアのメリットは料金面でお得な上、車種のグレードが良い所です。

私はこれまで車を所有していない期間が長く、以前はレンタカーはよく借りていましたが殆どがフィットやカローラ等の車種でした。

カーシェアを色々と試してみると、プリウスやスバルXV等と数百万円クラスの車もスタンダート料金で借りる事ができますのでよりドライブを楽しめるようになりました。

カーシェアのメリット

カーシェアのメリットは、先ほど紹介した料金面以外でもたくさんあります。

  • 24時間いつでも利用できる
  • 最短30分から手続きできる
  • ガソリンの満タン返し不要
  • 毎回の対面手続き不要

レンタカーの場合、基本的に6時間からの利用がほとんどなので、ちょっとだけショッピングモールへ買い物に行きたいと思ってもハードルが高いです。

カーシェアの場合毎回の対面手続きが不要な上、30分単位から利用する事ができる為、普段使いしやすいですよね。

そして、レンタカーの場合は店舗が営業している時間帯しかか借りたり返却する事ができませんが、カーシェアは24時間いつでも借りたい返却が可能なので使い勝手が良いです。

 

カーシェアのデメリット

正直レンタカーと比較すると、カーシェアのデメリットはあまり見当たりません。

例えば医療保険や生命保険だと、ダイレクト保険が流行りネットで契約ができる様になった事で人件費が削減でき消費者が支払うコストを抑える事ができました。

ダイレクト系が流行り始め保険は本当に安くなりました。

 

同様に、レンタカーは店舗と人を必要とする為、どうしてもコストが余分にかかってしまいますが、カーシェアの場合は自前の駐車場に設置し、

一度契約をするとネット上から予約や変更なども自分で簡単にできてしまうので、店舗や人件費が不要でコストを抑える事ができます。

ゆえに、レンタカーと比較しカーシェアのデメリットがあるとすれば、

「ネット、PCやスマホの操作ができない方」や「人(店員)から説明を受けて安心したい方」はレンタカーが良いのではないでしょうか。

 

まとめ

車を所有する事で、ランニングコストに悩んでいる方や、今までレンタカーを利用していたけど、

毎回手続き等面倒だった方は、カレコカーシェアを使ってみてはいかがでしょうか。

料金面でも、車を所有するよりもコストを抑える事ができますし、最近のカーシェアはアプリやPCなどで簡単に予約等の管理が出来る様になってますので大変便利です。

 

スポンサーリンク

 

 

-カーシェアリング, 生活, 節約

Copyright© Tana Life , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.