生活に役立つ情報、いろいろ

Tana Life

お金 節約

【30代】貯金を切り崩す生活から抜け出す!私が実践した生活習慣の改善方法

更新日:

スポンサーリンク

お金を貯めたいなと思いつつも、日々の支出が多くなって貯金を切り崩さざるおえない事ってありますよね。

「貯金には手をつけたくないけど・・・」

「来月の支払いは、大丈夫かな・・・」

など、不安な生活を送っている方もいると思います。

特に、30代になると子供が出来たり、人生の折り返しに差しかかろうとしている為、貯金を切り崩す生活をしているとより不安が募ってしまいますよね。

お金が出て行くのは必ずどこかに原因があります。

そして日頃の生活習慣、小さな出費が赤字の原因となる事があり

習慣を見直す事で無駄を削減、貯蓄へ回す事ができます。

 

私も以前、お金を貯めれる体質ではなく、月によっては赤字を出してしまった事もありますが、

週間を見直す事で、赤字から抜け出す事ができました。

赤字を抜け出すには、その場しのぎの対策では難しく、継続した習慣を見直す事が重要です。

実際に私もやっていた習慣の見直しについてシェアしたいと思いますので、

毎月の赤字から抜出せない方はぜひ参考にしてみてください。

 

習慣の見直しで変える節約マインド

電気、ガス、水道を使う時の習慣

スポンサーリンク

まず、節約マインドから見直してみる事をおすすめします。

色んな節約本を見ていると「節約は大きな出費から」とか「節約は固定費から削減」とかを目にします。

もちろん正解ではあるのですが、

大きな出費から削減するから、少ない出費は「目をつぶろう」と思ってしまうと黄色信号です。

小さな100円や50円を削減しても大きな支出の削減にはなりませんが、

大事なのは「少ないお金も大事にする」という意識なんです。

小さいお金を大事にできないのであれば、大きなお金を得たとしても大事にする事はできないと思います。

お金持ちは、家の電気も細かく切って、無駄な電気(お金)を使わないといったエピソードを聞いた事もあります。

お金持ちだったらそんなケチケチしなくても大丈夫じゃない?と思ってしまいますよね。

お金持にケチな人多いといのは、こういった少ないお金を大事にできるマインドが整っているからだと思いますし、結果的にお金持ちになっているのだなと思います。

廊下の電気、トイレの電気、無駄に消費していませんか?

これから、無駄な電気は切るようにして、電気のスイッチを切った時に、

「ひとつお金を大事にできた」

と心の中で思うようにしてみて下さい。

小さな事ですが、積み重ねで節約意識が芽生えてくると思います。

 

朝の習慣、ランチの習慣

また、会社で働いて居る人が多いと思いますが、ランチや朝の習慣を見直す事で節約マインドを鍛える事ができます。

例えば、毎朝コーヒーをスタバで購入した場合、

スタバは店内の雰囲気も良くてコーヒも美味しいし素敵だとは思いますが、これでは節約は程遠いのかなと思います。

昔、仕事の時に、スタバのグランデサイズのコーヒーを机の上に置いて、

「お金ないから、節約しなきゃ〜」と言ってる人を見かけた事ありますが、このままだと節約は難しいですよね。

スタバのコーヒーは400円くらいするので1日の出費だとけっこう大きな金額だと思いますが、例えばコンビニのコーヒーだと100円に抑える事ができますし、

家でコーヒーを作るともっと安くコーヒーを飲む事ができます。

ランチも同様に、1日の出費が多い項目です。

外で外食すると、800円とかかかったりすると思いますが弁当を作ると200円くらいで済んだりします。

コーヒータイム、ラインタイムだけは「ストレス解消」なので譲れないという方もいるかもしれませんが、多分ストレス解消を理由にしている方は、他にもストレス解消を理由に出費している事があると思います。

そんな積み重ねが赤字の原因になってしまいますので、現実を受け止めて習慣を見直してみましょう。

 

コンビニに通う習慣

仕事帰りですが、

1日疲れたなーと思いながら、気づいたらコンビニに寄ってお菓子やお酒を買っている事ありませんか?

思い当たる方は、自然とコンビニ通いが習慣になっている方だと思います。

コンビニは便利で何でもある一方で、スーパーなどよりも割高に値段が設定されている為、コンビニ通いが習慣になっている方は、1ヶ月通すと大きな出費になっている事もあります。

健康の為にお菓子やお酒は極力控え、

もし購入したいと思った時は、スーパーなどを利用し小さなお金も大事にするという意識を持ってみましょう。

 

固定費の見直しで赤字から抜け出す

固定費を削減するのは最初大変だと思いますが、一度削減してしまうと何もしなくても固定費が上がる事はないというメリットがあります。

そして、固定費は支出にしめる割合が大きいので中々節約が出来なくてお金が貯まらない方は、固定費に切り込んでみましょう。

通信費(スマホ)

スポンサーリンク

通信費は、固定費の割合でも大きな出費です。

大手通信キャリアで使っている場合、月に9千円とか1万円もお金がかかったりしますよね。

家族二人だとしても2万円ですし、年間にすると24万円になりますので大きな出費です。

最近は格安SIMがメジャーになってきてますし私も使っていますが、やっぱり安いです。

私の場合、月額が3千円程度なので大変助かっています。

【UQモバイル】ですと、au系の電波を使っており通信エリアも安心ですし、auの端末を持っていればSIMを差し替えるだけで使う事ができます。

月額一気に6〜7千円削減できるのでおすすめです。

 

通信(固定インターネット)

家のインターネット、実はまだ安くできます。

固定回線は一度契約してしまうと、見直しの対象から外れてしまいがちですが、見直す事でランニングコストを抑える事ができます。

私はSoftBank光(フレッツ回線)に切り替えましたが、

毎月1000円程安くなりましたし、キャシュバックで3万円をゲットする事ができました。

年間にすると、4万程出費を抑える事ができたので効果は大きいですし、固定インターネットは2年おきに乗り換えていくと、キャシュバック等で一番お得に使う事ができますよ。



保険

保険は万が一に備えて入っていると思いますが、保険で大事なのはバランスです。

掛け金が大きすぎても、結果支出が多くなりすぎてしまうだけになるかもしれませんし、掛け金がが少ないと、万が一の時に何かあったら困と思います。

保険を選ぶ場合は、プロのファイナンシャルプランナーに相談する事をおすすめします。

【保険コネクト】だと相談も無料で手軽にできるので、まずは相談してみてください。

私も、FPに相談する事で、将来の設計がしやすくなりましたし、自分にベストな保険に入る事もできました。

 

車の費用

車の出費は時に大きいですよね。

私も以前は車を所有していましたが、今は売却しカーシェアリングを使っています。

車を持っていた時は、毎月4万円くらいの出費でしたがカーシェアにしてからは1万程度で収まっています。

車を持っていると便利ではありますが、一方で、維持費の出費も大ききですし、頻繁に出かけてレジャー施設や、外食等を積み重ねているとあっという間にお金が無くなっています。

車を手放せるのであれば、カーシェアという選択をする事で大きな出費を削る事ができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

日々の生活で赤字が続いている場合、簡単に抜け出す事は難しかもしれませんが、

小さな積み重ねと、大胆な行動が必要だと思います。

収入を増やす努力も必要ですが、どちらかというと支出を削る方法が即効性や持続性があると思います。

そして赤字を抜け出し、貯金ができる様になると世界観が変わります。

将来の為、子供の為、欲しい物等、お金を貯めるには色んな理由があると思いますが、貯金ができてゆとりがあると、心にもゆとりができて、精神的にも安定した生活をおくる事ができます。

ぜひ、今回紹介した節約に対するマインドや、

特に出費が多い固定費を見直して、ゆとりがある生活を実現していただけると幸いです。

スポンサーリンク

 

-お金, 節約

Copyright© Tana Life , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.