生活に役立つ情報、いろいろ

Tana Life

生活

アイリスオーヤマの布団乾燥機でダニを退治したら驚きの結果に。子供がいる家庭は必須アイテムです。

更新日:

スポンサーリンク

特に雨の時期や、雨が続く梅雨の時期は布団を外に干す事ができないので、布団掃除どうやったらいいか悩んでいる方も多いと思います。

そんな時に、強い味方になってくれるのが布団乾燥機。

湿度が高く、湿気が多い状態を維持してしまうと瞬く間にダニが繁殖してしまいますし、そのまま放置してしまうと体調にも影響してしまいます。

特に、小さなお子さんがいる場合は気をつけた方がいいので、

私が使っているアイリスオーヤマ布団乾燥機について紹介したいと思います。

 

ダニは本当に恐ろしい。ダニの脅威から子供を守ろう

ダニは、人間が落とすアカやフケといった老廃物を餌として繁殖します。

そして特に気温が20度以上で、湿度が60%〜80%程度を好みますので、梅雨の時期などは特に繁殖しやすいです。

ダニが繁殖してしまうと、どの様な影響がでてしまうのか?

噛まれた場合、皮膚の患部が赤くはれてしまう症状や、痒みの症状がでてしまう為、腫れがひどいようなら皮膚科などの専門にの判断を仰ぎましょう。

そして、ダニの恐ろしいと言われているのがダニアレルギーです。

アレルギーの原因物質の大半(70%〜80%)が、ダニの死骸やフンがを吸い込む事により症状がでてしまうと言われています。

例えば、金属アレルギー等も、ダニアレルギーが起因している事があります。アレルギーの大半がダニが原因だったなんて恐ろしくないですか?

それでは、ダニの死骸やフンを吸い込む事でどんな症状がしまうのか?

乳幼児や小さな子供ですと、

アトピー性皮膚炎気管支喘息アレルギー性の鼻炎

成人になっても、

喘息など、様々なアレルギー性疾患の原因となってしまいます。

その為、ダニが繁殖しにくい環境を作る事も大事なのですが、その後、ダニの死骸やフンを徹底的に掃除する事も重要なんです。

 

アイリスオーヤマの布団乾燥機使ってみた

太陽の日光では、十分なダニ対策ではない

布団乾燥機ですと、天候に左右されず布団のメンテナンスができる事が大きなメリットです。

実際に布団乾燥機を使ってみると、本体にノズルを布団に差し込み、あとはボタンを押して終わるのを待つだけです。

外に干すには、ベランダに布団を移動させたりなど、煩わしいですがそういった面倒移動もありません。

そして、衝撃な事実ですが、

布団をベランダなど外に出して、太陽の光が当たる所で干した方が、ダニ対策に良いと思っている方も多いと思いますが、そのダニまだ死んでいませんよ。

布団に潜んでいるダニは、日光のレベルですと、布団の影に隠れたりして中まで熱が届かない為、ダニは生きて残ったままなんです。

ダニを撃退するには、50℃以上で且つ20分以上温めないと死なないと言われている為、布団乾燥機が必要になるのです。

冬モード(60分)で運転した際のサーモグラフィ画像

スポンサーリンク

使ったらわかる、乾燥した後の寝心地

乾燥後の布団ですが、寝てみると全然違いがわかります。

布団全体に温風を流し続ける為、布団乾燥が終わった後は布団全体が乾きカラッとしているので、今までの寝心地肌触りが違うんです。

これは、アイリスオーヤマの布団乾燥機を購入して、すぐに実感する事ができました。

ダニ対策以外にも使える布団乾燥機

ダニ対策以外にも、外に布団を干しづらいケースがあります。

例えば、PM2.5花粉です。

私は九州に住んでいたのでよくわかるのですが、PM2.5が多い時期は明らかに空気が霞んでいてわかります。そんな時に布団を外に干してしまうと布団にPM2.5が布団に付着しかねませんし、それに伴って健康を害してしまい兼ねません。

また、花粉の時期は洗濯物や、布団等 花粉を室内に持ち込んでしまう事になり、花粉症の方は大変な思いをしてしまいますよね。

布団乾燥機があれば、外に布団を干す事はないのでPM2.5や花粉の時期等きにせずに、布団を乾燥させる事ができます。

 

また、子供の上履きや靴などを洗った後、乾くまで時間がかかるので大変ですが、アイリスオーヤマの布団乾燥機には専用のアタッチメントがついていますので、

靴の乾燥にも使う事ができます。

 

布団乾燥した後は、アレルギー対策を忘れずに

ダニの死骸やフンをそのままにしておくと、アレルギーの原因となります。

特に小さな事もがいるご家庭ですと、

アトピー気管支炎アレルギー性鼻炎等 一度なってしまうと大変です。

布団乾燥した後、ダニやダニのフンを布団から除去をしっかり行いましょう。

吸引力等の面からダイソンのハンディークリーナーがもっとも適していると思います。

私も、小さな子供が居ますのでダニを除去する為に、ダイソンのハンディークリーナーを使って乾燥後は吸引していますが、

実際に吸引した所、小さなホコリみたいな物が取れました。ダニの死骸やフンですね・・・

 

 

まとめ

布団乾燥する目的は、太陽の下で干す事が目的ではなく、布団の中に潜むダニを撃退して撃退したダニをいかに除去するかが重要です。

子供が小さなうちは、大人よりも免疫欲が低く、口からダニの死骸のフンなどを取り込んでしまう事で様々な体調不良を起こしてしまい兼ねませんので、布団の定期てなお手入れを忘れずにしていきましょう。

また、雨の時期や梅雨の時期は洗濯物の干し方も悩んでしまいますよね。

ベストな対策がありますので、困っている方は↓リンクを参考にしてみて下さい。

>>雨の日、梅雨の時期の洗濯で困っている方はこちら

 

スポンサーリンク

-生活

Copyright© Tana Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.