生活に役立つ情報、いろいろ

Tana Life

ファッション

ミニマリスト的シンプルなTシャツの選び方

更新日:

こんばんは。たなゆー(@tanaka19835)です。

皆さん、Tシャツ選び悩んでいませんか?

自分の定番を決めておくと、その悩み解決できますよ。
Tシャツ好きの私がミニマリスト的シンプルなTシャツをどーんと紹介しちゃいます。

定番で飽きのこないシンプルなデザイン。そして素材も良いので長く着れるTシャツばかりなのでおすすめです。

おっと、Tシャツの「T」と言えば、TWICEの「TT」を思い出してしまいました。
TWICE は6月28日 JAPAN デビューです。
Tシャツ関係ないですけど、TWICE めちゃオススメな音楽グループですのでチェックしてみて下さい。では「Tシャツの方を」紹介。

厳選のポイント

  • シンプルなデザイン
  • 定番物
  • 長く切れる物
  • 価格もお手頃
  • 独断と偏見

スポンサーリンク

Hanes(ヘインズ)

みなさん一度は聞いた事があるヘインズ。パックTの王様に君臨しています。

価格帯も安くておすすめ。

ヘインズのTシャツは種類が色々あるんですが、主にこんな感じ。

アカラベル
素材:コットン100%
特徴:アメリカで昔から着られていた3PTシャツと同様の商品です。
着心地は、ソフトな風合いで、衿は昔ながらの雰囲気を出している為、テンションが弱く、洗いこむと衿が少したるむような雰囲気のTシャツです

アオラベル
素材:コットン75% ポリエステル25%
特徴:綿とポリエステルの混紡で"空気紡績"というアメリカでは定番の紡績方法で作られています。
レッドパックと比較して衿や生地がしっかりしていています。また、ゴールド、レッドに比べてドライな肌触りが特徴です。

ジャパンフィット
素材:リングスパンコットン コットン100%
特徴:2014年に登場した“Hanes T-shirt Japan Fit”は、気持ちよさを追求し続けるブランド、Hanesを象徴するアイテムです。『製品洗い』や『甘撚りのやわらかい糸』を使用することでソフトで心地良い風合いを実現しました。

BEEFY-T
素材:コットン100%
特徴:ヘビーウェイト(肉厚)生地のため丈夫で長持ち、洗いこんでも首回りが伸びにくく型崩れしない強さ、耐久性があります。
コットン100%の生地を使用し、着心地の良さは抜群。洗えば洗うほど肌に馴染む風合いは、BEEFY-T®ならではの快適性を発揮します。
縫い目の無い丸胴ボディを採用。アメリカを感じるクラシックなシルエットです。

引用:http://www.hanes.jp/

 

今回、私が購入したのがBEEFY-Tです。
ヘインズ中でも、特にBEEFY-Tおすすめ。

Amazonで購入しました。

 

実際に着てみた感想ですが、肉厚な生地だけあって丈夫。
しかも、首回りもしっかりしているのでヨレヨレにはなかなかならない作りです。

コットン100%だけあって着心地もよく、この価格でBEEFY-Tを購入できるのでかなりおすすめです。

定番ものって何だか安心するんですよねー。
着れなくなってから、また同じ物を購入したいと思ってもTシャツを探す労力もいらずに簡単に購入できますからね。

 

 

Velva Sheen(ベルバシーン)

スポンサーリンク

1932 年にオハイオ州シンシナティ初のスポーツウェアブランドとしてスウェットシャツやTシャツを中心に立ち上がった「VELVA SHEEN」(ベルバシーン)は、カレッジやスポーツチームのプリントボディで使用されたことからアメリカ全土に広まり、アメリカ海兵隊のコスチュームボディとして使用されるなど品質への絶大な信頼を得ていました。 当時の4本針などの縫製方法や生地はそのままにデザインを現代にアレンジし、アメカジには外せないアイテムがラインアップされています。今もなお「MADE IN USA」にこだわり、多くのファンを魅了し続けています。
引用:flagshop.jp

 

ベルバシーンはメードインUSAにこだわっているブランドです。
ヘインズに比べて若干お値段高めですが、こだわりって大事ですよね。

特徴としては、胸にポケットのあるタイプが多い事です。
ヘインズは、胸ポケットないんですがポケットのワンポイントが欲しいか方、そしてUSAで品質が良い物をお探しの方はおすすめ。

VネックTオシャレですー。

 

 

Goodwear (グッドウェア)

スポンサーリンク

1983年創業、アメリカのマサチューセッツ州で誕生したブランド。
へヴィーウェイトコットンをのTシャツを中心にアメリカで生産されています。

こちらも、メードインUSAですね。
特徴はへヴィーウェイトコットンなので、生地が肉厚で丈夫。襟周りもしっかりとした作りで洗いこむほどに味わいが増してきます。
ヘインズやベルバシーンに比べ色の展開も多く、且つシンプルで長く着れるのでおすすめです。

 

FRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)

1871年創業の世界有数の米国アパレル/アンダーウェアメーカー【FRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)】社の歴史は、150年程前にアメリカ合衆国ケンタッキー州でスタートしました。本国では『Hanes』、『FRUIT OF THE LOOM』はアメリカ2大アンダーウェアメーカーと呼ばれ、多くの企業やカレッジでプリント用ボディーとして採用されてきました。 “LOOM”とは繊維を織って生地にする「織り機」の意味で、ブランド名には「織り機の結実、達成」という心意気が込められています。パックで販売されているTシャツ・タンクトップ・アンダーウエアなど製品の品質はもちろんですが、何よりもお手頃なロープライスが最大の魅力です。
引用:hunkydory.jp

 

FRUIT OF THE LOOMの特徴としては、価格の安さとこちらも色のバリエーションが多い事ですね。ビビット系のカラーがある為、他のパックティーとは一味違います。

もちろん作り自体も150年以上の歴史もありアメリカの2大アンダーウエアだけあって品質もよくコスパ最強です。

価格を抑えたい方はおすすめです。

 

まとめ

歴史がある定番のTシャツ一覧でした。
自分の定番を決めてTシャツを購入すると今後も困りませんし、シンプルなデザインだと飽きもこないですよ。あと、ボトムや小物も色々と合わせやすい為、シンプルな定番Tシャツおすすめです。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

-ファッション

Copyright© Tana Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.